食べる

ヤンゴンのアイスクリーム店「Karaweik Ice Cream」、35年ぶりに営業再開

  • 4

  •  

 ヤンゴンのカンドージ公園(Kandaw Gyi Park)内のアイスクリーム店「Karaweik Ice Cream(カラウェイ アイスクリーム)」(Karawaik Garden, Kandaw Gyi Park, Yangon)が7月4日、35年ぶりに営業を再開した。

店舗外観

 店舗面積は24平方メートルで、12人を収容できる。店長のミンマンマンソー(Min Maung Maung Soe)さんは「当店のアイスクリームは35年前に大変な人気だった。諸事情で1988年に営業を中止したが、皆さんが子どものころ食べたアイスをもう一度味わってもらいたいと思いオープンした」と話す。

[広告]

 アイスはバニラ、緑茶、イチゴ、チョコレート、イチゴとバニラのミックスやチョコレートコーティングなど6種類。価格は1,500Ks~3,000Ks。オリジナル、レッドべルべット、緑茶の3種類の味が楽しめる「Garden Churros」や、ミント、キウイフルーツ、プリン、チェリーフルーツとアイスクリームのミックス「Garden Caramel Cone」などのデザートも用意する。

 このほか、ワサビマヨネーズ、マヨネーズ、カレーパウダーマヨネーズの3種類のミニエビバーガーにポテトフライが付く新メニューの「Shrimp Burger Tower & Fries」(6,000Ks)もある。

 ミンマンマンソーさんは「今後はメニューを増やす予定。現在も当時のスタッフがサービスを提供しているので、子ども時代の思い出にカラウェイ・アイスクリームを食べに来てもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時30分~20時。