3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

ヤンゴンでミャンマーの昔と今を比較するフェス ダンスショーや伝統化粧コンテストも

昨年行われた「Open History Festival」のミスタナカコンテス

昨年行われた「Open History Festival」のミスタナカコンテス

  •  
  •  

 ヤンゴンの旧ビルマ総督府(The Secretariat Office)で2月21日~23日、「Open History Festival」が開催される。Land Arts FestivalとAHtin KaYa Groupが主催。

昨年の「Open History Festival」の様子

 ミャンマーの伝統文化と現代文化の融合、変化を発信し、国内外の観光客を誘致することが目的の同フェス。これまでミャンマー各地で開催されているが、ヤンゴンでの開催は初めて。

[広告]

 会場には骨董(こっとう)品や書物、SME製品などを販売する79店が出店。ミャンマー伝統舞踊から現代のヒップホップダンスに至るまで、さまざまなダンスのショーも行う。併せて、ミャンマーの伝統的な天然化粧品「タナカ」を頬に施した女性が美を競う「ミスタナカコンテスト」も開催。グランプリ受賞者には150万Ksを贈る。

 このほか、ミャンマーの昔ながらのチェッカーゲームや、キャロムゲーム、現代のチェスなどのゲームイベントも展開。今後起業を考えている人向けのマーケティング、管理業務、営業戦略などのセミナーも予定する。

 同フェス担当者は「国の内外、老若男女を問わず、ミャンマー文化を楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は12時~20時。入場無料。