食べる 見る・遊ぶ

ヤンゴンに「JNS Cafe」 姉妹で開業、チェッカーやミルクレープ提供

店内の様子

店内の様子

  • 3

  •  

 ヤンゴンの複合商業施設「Times City」(No.37/Quarter, Between Hantharwaddy and Kyun Taw Road, Kamaryut Township, Yangon)の「Jewellery Mall」4階に12月15日、「JNS Cafe」がオープンした。

店内の様子

 「おいしいチェッカーとミルクレープをミャンマーの人々に味わってもらおう」と2人の姉妹が開業した同店。チェッカーとは「ミャンマーでも人気のチェック柄のケーキ」。デザート作りは姉が担当している。店内は白を基調としたインテリアで、30人を収容できる。

[広告]

 ミャンマーの国産豆を使う同店のコーヒーはホットもアイスも用意する。ブラック、カプチーノ、バニララテなどのほか、綿あめフラッペ(綿菓子を上にのせたフローズンドリンク)、緑茶フラッペ、キャラメルフラッペやフルーツジュースなども。サイズは大・中・小あり、価格は1,800Ks~4,500Ks。併せて、アールグレイ、イングリッシュブレックファースト、ジャスミンなどのティーもそろえる。同店のお薦めは青いハーブティーである「バタフライピーフラワーティー」。

 デザートはチェッカーチョコレートケーキ、レッドベルベットケーキ、ニューヨークチーズケーキ、抹茶オペラケーキ、チョコレートヌテラケーキ、ブルーベリーチーズケーキなどで、日替わりデザートメニューも用意する。価格は1,500Ks~6,800Ks。2種類のケーキと2つのティーをセットにしたティーセットメニューもあり、小=1万2,000Ks、サイズ大=1万5,000Ks。誕生日ケーキにも予約制で対応する。

 オーナーは「コーヒーを好きな人や、おいしいチェッカーとミルクレープを食べてみたい人たちにお越しいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は9時~21時。