食べる 見る・遊ぶ

ヤンゴン・マーチャント通りにシンガポール系ワインバー ワイン90種用意

エントランス

エントランス

  • 0

  •  

 ヤンゴンのMerchant Road(マーチャント通り)に8月1日、マルコズ・セラー・オン・499・マーチャント(Marco’s Cellar on 499 Merchant, No.499, Konthe Road)がオープンした。

「Marco’s Cellar on 499 Merchant」のグリル料理

 フランス、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、イタリアから輸入したワインの種類は90種類以上。価格は1万8,000Ks~6万Ks。主なメニューはパスタやビザで、それ以外の地元のフードもそろえる。

[広告]

 同店の「お薦め」は、ミャンマーでも話題となっているモヒンガーの味を含めたモヒンガーピザ。トマトソースの代わりにモヒンガーソースを使い、伝統的なミャンマーのモヒンガー味とイタリアのピザ味を一緒に味わえる。サイズは、10インチ(9,500Ks)、12インチ(1万1,500Ks)、14インチ(1万2,000Ks)。

 18時~20時はハッピーアワーで、会計から15%引となる。火曜は毎週「Lady’s Night(女性の日)」のイベントを行い、その日に来店した女性客には全てのワインが無料になる。

 同店オーナーの中国系シンガポール人、Marcoさんは「世界のワインの味をみんなに知ってほしい。ワインが好きな人、いろいろなワインを飲んでみたい人もお待ちしている」と話す。

 営業時間は11時~23時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース